東洋ビジネス・協同組合外国人技能実習生、介護技能実習生 受入れ事業

お問い合わせフォーム TEL.055-991-0888

  • 外国人技能実習生受入れ事業について
  • 介護技能実習制度について
  • 受入れから帰国までの流れ
  • 受入れ企業様の声

HOME │ 受入れから帰国までの流れ

受入れから帰国までの流れ

外国人技能実習生受入れ事業の仕組み

外国人技能実習生受入れ事業の仕組み

外国人技能実習生受入れ事業の仕組み
外国人技能実習生受入れ事業の仕組み
外国人技能実習生受入れ事業の仕組み

  • 一般監理団体は技能実習生を5年間受入れできますが、特定監理団体の受入れは3年間となります。
  • 日本到着後の日本語講習センターでの教育は、日本語教育を中心に各種法律(人管法、労働法等)を含め約1ヶ月174時間以上学びます。
  • 企業への配属は入国後の講習を終了してからとなります。
  • 技能実習生は各技能試験(基礎級・技能試験3級・技能試験2級)を必ず受験することになります。

外国人技能実習生受入れ事業の仕組み

常勤職員総数
301人以上
201人以上~300人以下
101人以上~200人以下
51人以上~100人以下
41人以上~50人以下
31人以上~40人以下
30人以下
技能実習生の数(基本人数枠)
常勤職員の5%
15人
10人
6人
5人
4人
3人
技能実習生の数(優良企業人数枠)
常勤職員の10%
30人
20人
12人
10人
8人
6人

※受入れ企業が外国人技能実習機構(機構)の定めた優良要件を満たせば、基本人数枠の2倍の技術実習生を受入れることが可能となります。

PAGETOP