東洋ビジネス・協同組合外国人技能実習生、介護技能実習生、特定技能外国人 受入れ事業

お問い合わせフォーム TEL.055-991-0888

  • 外国人技能実習生受入れ事業について
  • 外国人技能実習生受入れ事業について
  • 外国人技能実習生受入れ事業について
  • 介護技能実習制度について
  • 受入れから帰国までの流れ
  • 受入れ企業様の声

HOME │ 外国人技能実習生受入れ事業について

外国人技能実習生受入れ事業について

外国人技能実習制度とは

発展途上国の若者を受入れ、実践的な技能・知識を学び、
帰国後、母国の経済発展に役立ててもらうことを目的とした制度です。

技能知識

受入れ企業で働きながら習得する

外国人技能実習制度

受入れ期間 最長5年間

受入れ企業で働きながら習得する

技能実習生が日本への入国が許可されると、受入れ企業と雇用契約を結び、そこで働きながら仕事に関する知識やスキルを学び、賃金も得られることとなります。従来は農漁業や製造業といった職種において実施されておりましたが、法改正により対象職種が拡大され、2017年より介護分野など対人サービスにも適用されることになりました。技能実習生の滞在期間は基本3年間ですが、当組合では外国人技能実習機構(「機構」)が定めた要件をクリアーし、一般監理団体として許可を受けましたので最長5年間の受入れができます。

外国人技能実習生受入れ事業の仕組み

外国人技能実習生受入れ事業の仕組み

  • 当組合が受入企業から求人票を受付し、技能実習生の選考後入国までの期間は約6ヶ月の予定です。
  • 配属につきましては入国日から1ヶ月後となります。

PAGETOP